バナナうんち

バナナ型ウンチは理想のうんち

うんちは、毎日の食事内容や運動のほか、心的なストレスの影響でも毎日変化します。

 

一般的に女性はストレスで便秘になるようですが、男性はストレスで下痢をするといわれています。

 

あなたはのうんちも出たあとに見たら、その日によって違う形状をしていませんか?

 

理想のうんちはバナナうんちと言われているバナナのようなフランクフルトソーセージのような形状で、硬さや太さがバナナと同じくらいのものです。

 

水分が80%で残り20%は食物繊維や腸内細菌と腸粘膜などです。
そして水に浮き、いきまずスルっと出るうんちです。

 

他にはウサギや鹿のうんちのようなコロコロ型、水分の多いベチャベチャナ泥状のうんちなどがあります。

 

コロコロ型うんちは、便秘の一歩手前といえるでしょう。
ベチャベチャナうんちは下痢をしているのかもしれません。

 

バナナうんちで、臭いのないうんちが健康な人と言われています。

 

健康のためトイレへ行った後に自分のうんちを、毎日、観察しましょう。

バナナうんちへ、おすすめ健康食品は

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌、善玉菌のチカラ

カスピ海ヨーグルトの『クレモリス菌FC株』

『クレモリス菌FC株』は生きて腸まで届く乳酸菌
1カプセルに20億個以上
乳酸菌のエサとなる植物繊維も配合ホタテ貝由来のカルシウムも配合
公式サイトへ

乳酸菌でない大豆で腸内環境を整える、天然美通

大豆由来の乳酸菌をさらに熟成させた「大豆発酵熟成エキス」

大豆発酵熟成エキスの原液を濃縮し、ソフトカプセルに
乳酸菌ではない乳酸菌生産物質という成分が腸内環境を整える
大豆発酵熟成エキスなら胃酸や熱に破壊されることなく腸まで届く
乳酸菌以外で腸内環境を整えたい人に
公式サイトへ

腸内環境だけでなく美容とにも、コンブチャスリム

コンブチャはモンゴルが発祥の紅茶や緑茶に糖を加えたを発酵飲料

老舗メーカー(イチビキ社)の味噌から生まれた乳酸菌(蔵華)が3000億個配合
3000億個の乳酸菌はヨーグルト(450g)約7個分に匹敵
88種類の果実、野菜からできた酵素配合
必須アミノ酸、ポリフェノール、プロバイオティクス、ビタミン、等でお腹の調子だけでなく健康と美容の両方をサポート
公式サイトへ

バナナうんちを出して健康な毎日を

バナナうんちを毎日出すことを気にしたい人は、便秘の人にも軟便の人にもあてはまります。

 

あなたも健康のためにもバナナうんちを普通に出したいですよね。

 

まずは、腸を活発にさせるために朝食を毎日食べること。

 

朝、おなかに食べ物が入ると腸が活動を始め、うんちを出す指令がでます。

 

この時にトイレへ行ってうんちを出すのが健康のためにいいパターンです。

 

朝は忙しいとか何らかの事情でトイレへ行くタイミングをのがしてしまうとバナナうんちから水分が少なくなり便秘になってしまいます。

 

トイレへ行きたくなったらすぐ行けるような状況を作っておきましょう。

 

 

あなたの食事に、水溶性食物繊維を摂って腸内環境を整えましょう。

 

食物繊維というと野菜ということになりますが、食物繊維には水溶性食物繊維、不溶性食物繊維の2種類あります。

 

水溶性食物繊維は水分保持力が強く、水に溶けるとドロドロのゲル状に変化します。

 

不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維で、胃や腸で水分を吸収し大きく膨らみます。

 

不溶性食物繊維はうんちの量を増しやたり、腸を刺激して便通をうながします。

 

しかし不溶性食物繊維を多く取ると、うんちが硬くコロコロになってしまいます。

 

不溶性:水溶性=2:1が理想とされています。、バランスよく摂れるようにしましょう。

 

バナナうんちを出すためには水溶性食物繊維が多く含まれた食品を摂りましょう。

 

水溶性食物繊維は、海藻・果物類に豊富に含まれています。

 

海藻類ですと寒天、ひじき、めかぶ、わかめ、もずく、昆布など、
果物類ですとキウイ、バナナ、りんご、レモン、かき、もも、いちごなど、
野菜類ですとアボカド、オクラ、モロヘイヤ、しゅんぎくなどです。

 

 

水分も意識して摂りましょう。

 

「朝起きたら水を飲みましょう」と一般的に言われていますが、いろいろな効能の中に胃腸が活動を始めるきっかけとして有効です。

 

野菜を食べているのに便秘ぎみでバナナうんちにならないという人は、水分が足りていない場合があります。

 

便秘気味と思ったら水分を摂取することを心がけてください。

 

 

腸内環境を整えるために善玉菌を増やしましょう。

 

腸の中には多くの菌が活動しており、体に良い影響を与える働きをする菌を善玉菌といわれています。

 

善玉菌でよく耳にするのが、ビフィズス菌や乳酸菌でビフィズス菌は大腸で働き、乳酸菌は小腸で働きます。

 

善玉菌を多く含む食品としてはヨーグルト。
ヨーグルトにはビフィズス菌を含んでいます。
味噌、キムチ、漬物などはに乳酸菌を含んでいます。
キムチや漬物ですと食物繊維も一緒に摂ることができます。
乳製品の牛乳やチーズなども善玉菌を多く含んでいます。

 

 

最後に食物繊維(水溶性食物繊維、不溶性食物繊維)や善玉菌の食品などを気にしてバランスよく食事にとりいれ、うんちが出そうなシグナルがきたらトイレに行く、というような習慣をつければ、バナナうんちが出て健康な毎日をおくれるでしょう。

モリモリスリム